結婚指輪をつけている夫婦

結婚指輪をつけるタイミングはいつからが正解?結婚指輪を付けるタイミングを徹底調査!

  • 肇高崎

 

結婚指輪はいつからつけ始めるもの?

結婚が決まったら、挙式や新居など、様々なことを決める必要がありますが、意外と盲点なのが結婚指輪をつけるタイミングです。

職場でも着用可能なことが多く、婚約指輪よりもフォーマルな印象のある結婚指輪ですが、実はつけ始めるタイミングに明確な決まりはありません。

とはいえ、決まりがないからこそ、結婚指輪をつけ始めるタイミングを迷ってしまいますよね。結婚指輪は既婚者の証ですので、時には他人の目も気にすることもあると思います。

近年は結婚の価値観が多様化しており、挙式の有無や入籍のスケジュール、周囲への報告のタイミングも夫婦ごとに違っています。自分たちに合ったベストタイミングを選ぶにはどのような点を押さえたらいいのか、確認してみましょう。
 
baner-grandi

 

挙式や入籍のタイミングで結婚指輪をつけ始める人が多い

結婚指輪をつけ始める日の決まりはないとはいえ、できれば無難なタイミングにしたいもの。
結婚後なら、正式に周囲に結婚報告が済んでからつけ始めることになりますので、大きな心配もなく結婚指輪をつけることができます。

実際、結婚してから結婚指輪をつけ始める夫婦が多い傾向があります。

迷ったら、大きな節目である「挙式」や「入籍」のタイミングがおすすめです。

また、じっくり指輪を選びたい場合は、もっと後につけ始めることもあると思います。
それぞれ見てみましょう。

結婚式で指輪交換をしてから指輪をつけ始める

結婚式をする場合は、やはり「挙式のタイミングで結婚指輪をつけ始めたい」と考える方が多数派です。
正式に「指輪交換」を行ってから結婚指輪つけ始めることで、結婚指輪の特別さや神聖さ感じることができますよね。

また、「挙式当日まで結婚指輪に傷をつけたくない」というのもこのタイミングが選ばれる理由の1つです。
結婚式当日は結婚の象徴である結婚指輪に視線が集まるうえ、写真や映像にも残ります。
遠目だけでなく、結婚指輪をアップで撮ることもあるため、ピカピカの指輪で当日を迎えたいのも納得です。
「結婚指輪の傷も思い出の証」と考えることもできますが、結婚式の特別感にこだわりたい場合は挙式の日につけ始めるのがおすすめです。

婚姻届を出すタイミングで指輪をつけ始める

入籍のタイミングも人気です。
結婚式をしない場合は入籍が大きな節目となるため、入籍日からつけ始めるのが一般的です。
結婚式より先に入籍をする夫婦も、入籍から挙式までの期間が長い場合は、入籍日に結婚指輪をつけ始める方が多く、挙式に次ぐ王道のタイミングといえます。

入籍直前に婚姻届の上に結婚指輪を置いて写真を撮り、役所から出た後に初めて結婚指輪をつけた夫婦の手を撮影、というのも素敵ですよね。

結婚後しばらくしてから指輪をつけ始めるケースも

指輪に刻印する入籍日・挙式日が確定してから作り始めたい場合や、じっくりと検討して指輪を選びたい場合などは、指輪の完成を焦らずに待つのも手です。
挙式の際は、他の指輪を代用して指輪交換をすることもできます。

結婚指輪にこだわりたい方は、まずは挙式や新居の準備を済ませて、落ち着いてから指輪をゆっくり選ぶ、という選択肢も取り入れてみてはいかがでしょうか。

結婚前に結婚指輪をつけ始める夫婦も!

挙式や入籍の前に結婚指輪が手元にあると、つけ始める日が待ちきれないものですよね。
その場合、結婚前に結婚指輪をつけ始めるという選択もアリかもしれません。
ただし、いくつか配慮すべき点もありますので、一緒に確認しておきましょう。

待ちきれない! 結婚前に結婚指輪をつけるのもアリ

結婚指輪が手元にある場合、一刻も早くつけたいと思うのは自然なことです。
ピカピカの結婚指輪をつけ、結婚の時に思いをはせる幸せな日々を過ごすのも素敵ですよね。

結婚指輪をつけ始めるタイミングは夫婦の自由で、実際「挙式や入籍より前につけ始めた」という例も多いため、我慢せずつけてしまうことももちろん可能です。
最近は婚約指輪と結婚指輪を兼用することも多いので、プロポーズの際に指輪を受け取って、結婚までは婚約指輪としてつけるという方法もあります。
また、付き合い始めた日などの記念日を節目につけるのもロマンチックです。

結婚前に結婚指輪をつけるときに注意したいポイント

入籍・挙式より前に結婚指輪をつけ始める場合は、周囲への配慮が必要です。
結婚は社会的な契約ですので、結婚の報告が済んでいない場合、周囲の人を驚かせたり、思いもよらないうわさが立ったりしてしまうことがあるので注意しましょう。

  • 親族への指輪お披露目はあいさつが済んでから
    親族、特に互いの両親に結婚の報告をする前は、結婚指輪をつけないのが無難です。
    結婚の報告をした後でも、両親顔合わせをする場合は、顔合わせ当日の記念品交換まで待つのがベターです。
    結婚は家同士のつながりでもありますので、きちんと夫婦の口から報告したいもの。
    結婚指輪を親族にお披露目するのは、そのステップを踏んでからの方が失礼になりません。
  • 幸せ真っ盛りでも職場では弁えた行動を
    職場では、挙式や入籍後に結婚指輪をつけ始めることをおすすめします。
    結婚式には上司や同僚が出席する場合もありますし、そうでなくとも結婚をすると事務処理上の手続きが発生するため、結婚前に指輪が目に入ると職場の人も気になってしまいます。
    また、会社の規定で「アクセサリーは結婚指輪のみ着用可能」となっている場合、注意すべきか否かで上司の気を揉ませてしまいます。社会人として、職場で結婚指輪を着けるのは結婚の報告をしてからにしましょう。

親族や職場の人に結婚報告をする前に結婚指輪をつけたい場合、自宅でつけて外出時には外すなど、工夫をしてみてはいかがでしょうか。

自分たちが納得できる方法で、婚約期間を自他ともに円満に楽しみましょう。
 
baner-grandi

 

購入・支払い……その他の結婚指輪にまつわるタイミング

結婚指輪はつけ始めるタイミングだけでなく、購入のタイミングも大切です。
また、ジュエリーショップで購入し慣れていない方は、支払いのタイミングについても不安に思うことがあるかもしれません。

結婚指輪にまつわるスケジュールについて見ていきましょう。

結婚指輪の支払いのタイミングは?

結婚指輪が決まったら、気になるのが支払いについてではないでしょうか。記念品である結婚指輪を奮発して購入する方も多いはず。

基本的に結婚指輪は受注生産ですので、成約時に支払いをしてから作り始めるパターンが多いです。
とはいえ、一括支払いをしなければいけないわけではなく、頭金をいくらか払い、残りをローン払いするなど、支払い方法を選択できるお店がほとんどです。結婚指輪を円滑に受け取ることができるように、事前にお店に確認しておくと安心です。

以上のことを夫婦でしっかりと話し合い、素敵な指輪と一緒に幸せな結婚生活を楽しんでくださいね。