ジュエリーをお手入れしている画像

ご家庭でかんたんできる。ジュエリーを長く愛用いただくお手入れ方法

  • 末宗 良規

 

ご自身がお持ちのジュエリー。よく見ると傷んでいませんか?

  • 初めて自分の給料で買ったもの
  • 親から譲り受けたもの
  • 大切な方からのプレゼント

そこにはたくさんの想いがこもっています。

それはご自身にとっても渡された相手の方にとっても特別なもの。

そのジュエリーが汚れて、傷だらけになっていると悲しくなりますよね?

ジュエリーを美しく保たせるためには正しいお手入れが大事です。

大切なジュエリーを長くご愛用いただけるように日頃からできるお手入れ方法や、石の種類で見るお手入れ方法をご紹介します。

日頃からできる簡単なお手入れ方法

雫モチーフのイメージ画像

まずは日頃で意識してお手入れをすることを心掛けましょう。
そうするとジュエリーの輝きは長く保たれます。

つけ終わったあとはすぐに拭く

ご使用後のジュエリーは、汗や油などで汚れてしまうもの。
放っておくと、ジュエリー本来の輝きが失われる原因になりかねません。
そうならないためにも、外したあとは、柔らかい布などで汗や油などの汚れを拭き取ってからケースに保管するようにしましょう。

最後に着けて最初に外す

化粧品・クリーム・ヘアスプレー・香水などの油分やアルコールはジュエリーにとって大敵です。
また、ジュエリーを身につけたまま服を脱ぎ着すると摩擦や引っ掛かりでジュエリーの破損や紛失だけでなく服が破れるなどの原因になりかねません。

ジュエリーはとても繊細に作られていますので、取り扱いには十分注意しましょう。

保管の場合

そんなに使用してないのによく見るとジュエリーに細かな傷がいつの間にかできていると感じる経験はありませんか?
宝石にはそれぞれに硬度を持っています。
世界的にダイヤモンドが一番硬いと言われているように、真珠のように柔らかい宝石もあり様々です。
そのため、硬い宝石と柔らかい宝石を一緒に保管すると宝石同士が擦れ合って傷がつく原因にもなります。
保管する際は宝石同士が擦り合わないように、小袋に入れる、ケースの仕切りをうまく使うなど、ひとつずつ保管しましょう。
 
baner-grandi

 

宝石の種類からみるお手入れ方法

石ごとにお手入れ方法が違います。
石によっては硬いものや柔らかいものがありますのでお手入れのさいには、注意が必要です。

 

ダイヤモンドの場合

ダイヤモンドのピアス宝石の中で一番取り扱いやすい石がダイヤモンドです。でも、ダイヤモンドにも大敵があります。それは油です。

化粧品などの油がつくと、その表面にほこりがつき、輝きが薄れます。
自宅で洗浄するときは、ダイヤモンドを留めている爪が緩まないように気をつけましょう。ペンダントなどは、コップに水と中性洗剤を数滴入れ、振り洗いするだけでも表面のほこりが取れてきれいになるのでおすすめです。

指輪は、中性洗剤を入れた水の中で、細かいところの汚れを歯ブラシで掃除しましょう。そして綺麗な水で再び洗い、洗剤を残さないようにして水も拭き取ります。

またダイヤモンドの輝きは表面だけを磨けば戻るわけではありません。

大事なのはファセットと呼ばれる、裏面の汚れを落としてあげることです。
光の屈折により輝きを増すダイヤモンドはファセットが汚れていると光の屈折がうまくいかず本来の輝きが見られない現象がおきます。

ダイヤモンドを洗浄するときは裏面もしっかり磨いてあげましょう。

 

パールの場合

パールのピアス

パールは非常にデリケートなもの。天然のものになるとよりデリケートに扱っていきたいものです。使い終わったら、柔らかい布で軽く拭きましょう。
ひどく汗をかいた場合は、かたく絞った柔らかい布で、 パールについた皮脂を拭き、乾かしてからしまってください。

ジュエリーボックスに入れておくだけではパールの劣化につながります。
定期的にジュエリーボックスのフタをあけて空気に触れさせてあげることが大事です。

真珠は「真珠層」と呼ばれる、大変薄い結晶が何千層も重なってできています。
化粧水や香水などが真珠にかかると、この真珠層を傷め、ほこりなどを吸って汚れる原因となるので、パールジュエリーはメイクのあとにつけましょう。

また、酢やレモン汁は真珠の大敵です。
食事の最中に飲み物などを着けてしまったら、水で汚れを洗い取り、柔らかい布で丁寧に拭き取りましょう。
身に着けると自然に汗や脂が付着するので、しまう前に柔らかい布で乾拭きをすれば日常のお手入れは十分です。

ほかの宝石と当たらないように袋などに入れて、熱や湿気、極度な乾燥をさけた場所に保管。
また、2~3年に一度「糸替え」すると美しさが保たれます。
糸替えは糸を切って真珠をバラし、磨いたあとに新しい糸で組み直すこと。

使わないで仕舞っておくだけでも、自然に糸は伸びます。
久しぶりに着けるときは着用中に糸切れしないためにも、事前の糸替えをおすすめします。

 

カラーストーン

ピアスの画像

カラーストーンの中でも、硬度が高い、ルビーやサファイア、トパーズやクォーツ、キャッツアイやアクアマリンなどは、中性洗剤を使ってお手入れすることができます。

硬度が高いと言ってもゴシゴシ洗うのは小傷をつける原因となるので、ブラッシングをするさいは、優しくなでるようにしてあげましょう。

 

その他の宝石の場合

ハックマナイトの画像
石の種類によっては、ご自宅での手入れが難しいものもあります。

エメラルドやオパールなどは衝撃に弱い性質を持ち、せっかくの大切な石が割れてしまうかもしれないので、宝石店でのお手入れがおすすめです。

どうしてもの時は柔らかい布で拭く程度にとどめましょう。
割れやすい宝石がついいる場合もありますのでご注意を。

まとめ

ジュエリーをより輝かせるためにお手入れ方法をご紹介いたしました。
ジュエリーの日々のお手入れは確かに面倒くさいかも知れません。
ですが、ジュエリーと向き合い、手間をかけるほど愛着がわき、より一層大切にしようと思えます。
長い付き合いを考えて、ぜひこの機会に正しいお手入れを始めてみてはいかがでしょうか。