ターコイズのピアス

結婚式にお呼ばれされても恥をかかないピアスを選ぶ重要ポイントとは

  • 末宗 良規

 

パーティーやイベントなどに着けていきたいですよね。しかし、結婚式となるとアクセサリーのつけることに対してマナーがあります。

どんなピアスを付けていこうかな?そもそも結婚式にピアスってありなの?恥ずかしい思いをしたくないな。色んな悩みが出ますよね?

この記事では、恥ずかしい思いをしないように、結婚式お呼ばれのピアスに関するマナーを紹介していきます!

結婚式にお呼ばれされた!!ピアスはOK?NG?

結婚式にお呼ばれしたときも、普段通りピアスをつけて出席しようと考えている人は多いのではないでしょうか。

「でもマナー的に、結婚式でピアスはダメじゃないの?お祝いごとに『穴をあける』のは縁起が悪いから、イヤリングのほうがいいって聞いたことある」という人もいるかもしれませんが、そういった決まりはありません。

フォーマルな場に合ったピアスなら、つけて行っても問題はないです。

結婚式にふさわしいピアスは?

結婚式

フォーマルな場である結婚式にふさわしいピアスは、「上品」で「ドレスの格にあった」ものです。

結婚式の時間帯によっても、ふさわしいピアスが変わるので要注意。

 

結婚式が昼間の場合

きらきら光るピアスを選ぶと、写真撮影の時反射して、邪魔になってしまうことがあります。

昼間の結婚式では、控えめな輝きのピアスを選びましょう。

控えめな輝きの石だと

  • ターコイズ
  • ラピスラズリ

上記の二つだと光の反射も少ないのでおすすめ。また、小さな石も反射が少ないので無難です。基本マナーとして花嫁より目立たないということを基準に選びましょう。

結婚式が夜の場合

反対に夜の結婚式は、華やかなほうが喜ばれるので、輝きの強いダイヤやビジューのピアスでOK!でもくれぐれも、派手すぎることはないように気を付けてください。

パールのピアスなら、どの時間帯でも、どんなドレスにも合うので、結婚式お呼ばれの無敵アイテムと言えます。ただし「黒パール」はお葬式を連想する人もいるので、マナー違反ではないですが、白パールのほうが無難です。


揺れるピアスはしてもいいの?

揺れるピアスの画像

結論から言うと揺れるピアスはNGではありません。

「揺れるタイプのピアスやイヤリングは、『家庭が揺れる』意味になって縁起が悪い」なんてこともたまに耳にしますが・・・

特にルールというわけではありません。

小ぶりで多少揺れるぐらいのピアスであれば、つけて行っても大丈夫ですよ。

こんなピアスはNG

結婚式でNGなピアスのパターンを見ていきましょう。

【派手すぎるピアス】

派手なピアス

揺れるピアスはマナー違反ではないとは言え、あまりにも大きくてぶらぶらと揺れるようなものは、目立ちすぎるのでNGです。他にも派手に輝くものや、悪目立ちする奇抜なデザインなど。

何度も言うように花嫁より目立つことがないよう気を付けましょう。

 

【複数のピアス】

複数のピアスをつけている女性

普段はオシャレなピアスの複数着けですが、結婚式は年配の人もたくさん来ます。

その中に、ピアス自体にいい印象を持たない人もいるかもしれません。

結婚式の日だけは複数着けたいことを我慢して、両耳に1ずつくらいにしておきましょう。

 

【鼻ピアスやベロピアス】

鼻ピアスをしている女性

鼻や舌など、耳以外にピアスホールが開いている人もいますよね。ただ、特に年配の人などゲストの中には、耳以外のピアスに対してあまりいい印象を持ってない人もいらっしゃいます。

複数のピアスと同様で、結婚式の日だけは耳以外のピアスは外しておくのが無難です。

 

【カジュアルなピアス】

カジュアルなピアスをしている女性

革素材やキャラクターものなど、普段使いのピアスはフォーマルな場にふさわしくありません。また、パールだったら何でもいいの?というわけでもなく、丸型ではない、「いびつな形のパール」はカジュアルとして認識されます。

二次会やカジュアルなパーティーではOKですが、格式高い結婚式では避けましょう。

まとめ

基本的にピアスをしても大丈夫です。注意点としては派手で目立つようなものは避けましょう。また、普段耳以外(例えば鼻など)にしている人は確かにおしゃれですが、結婚式では耳以外にピアスをすることは控えるのが無難。できるだけパールのピアスをつけるようにしましょう。持っていない方はこの機会に購入することをおすすめします。

それでも持っているピアスで行きたいということであれば、輝きが少ないものにしてください。最大の注意点として何よりも花嫁より目立つことはご法度です。この注意点が頭に入っておけば新郎新婦や参列者の皆さまが楽しく過ごせること間違いなし。

服装やアクセサリーのマナーを覚えて、みんなが楽しめる結婚式にしていきましょう!

 

記事に関連するキーワード