ガーネットのピアス

ファーストピアスからセカンドピアスへ付け替える時に抑えておきたい5つのこと

  • 末宗 良規

 

ファーストピアスに慣れくると頭に浮かぶのは次のピアスのことですよね

付け替えをどうしようか悩んでいる時期だと思います。

この記事では付け替えるときに抑えておきたい項目を5つのポイントに分けて解説。

上手に付き合っていくにはこの時期は今後のピアスライフに重要なので確認していきましょう。

ちょっとだけと思い、ファーストピアスを付け替えるのは危険

NG

付け替えの時に気を付けたいのがファーストピアスを付ける期間です。
この時期は治療期間であるということを忘れてはいけません。

可愛いピアスを付けたいから、早くオシャレを楽しみたい、イベントに気合いを入れるために素敵なピアスをしたいなど気持ちが高まるのもわかります。

個人差はありますが、ピアスホールが完成するまで約3か月かかるのでファーストピアスはピアスホールが完成するまで外さないことが絶対条件。

傷が癒えていない状態でファーストピアスを抜き差しすると炎症を起こしかねません。

付け替えは必ずピアスホールが完成してからにしましょう。

baner-grandi

 

ファーストピアスを付け替える時のアドバイス

いよいよファーストピアスからセカンドピアスに付け替えられるとなったときにどんなものを選べばいいか悩むところだと思います。

セカンドピアスに付け替えられるといってもまだ日が浅いので傷つけないように注意が必要です。

セカンドピアスに選んではいけないピアスとおすすめのピアスを紹介します。

セカンドピアスに選んではいけないもの

・フックピアス

フックピアスとは引っかけてつけるタイプのピアスです。

留め具のキャッチがない分、楽で人気のピアスですが、ピアスホールに通す部分が細くて鋭いので内側を傷つけてしまう可能性があります。

できるだけ先端が鋭くないものを選びましょう。

・ピアスモチーフ(デザインの顔部分)が小さいもの

小ぶりなピアスは可愛くておしゃれですが。ピアスホールが未完成だと、穴にモチーフ部分が埋まってしまう危険があります。

埋まってしまうと取りにくいし、何より痛いです。

無理に引っぱり出そうとするとピアスホールを傷つけるので、焦らず病院で処置してもらいましょう。

・モチーフが重いピアス

ピアスホールが安定して間もない時にモチーフが重たいものを付けてしまうと重みで穴が縦に広がってしまいます。

安定している時期は穴が柔らかいのでクセがついてしまいます。

ピアスホールが完成するまでは軽いものにしましょう

・アメリカンピアス
アメリカンピアスとは一本のチェーンになっているタイプのピアスです

大体のアメリカンピアスはチェーンになっている部分がギザギザしているのでピアスホールの内側を傷つけてしまいます。

ロングタイプのピアスがしたいのであればピアスホールが完成するのをじっと待ちましょう。

セカンドピアスにはこれ

  • 純チタン製
  • 18金
  • プラチナ
  • ステンレス

上記の素材のピアスはアレルギー反応が起こりにくい素材です。

セカンドピアスにはぴったりですが、すべての人にアレルギー反応が出ないとは限らないので、反応が出ないか試してみましょう。

チタンやステンレスは安すぎるものは怪しいので専門のお店で買うことをおすすめします。

つけかえ時に出血しないコツ

ピアスをしている女性

つけかえの時期はピアスホールが完成したとはいえまだ心配があると思います。
また傷つけて出血しないためにも、正しいコツを覚えておきましょう。

ドルマイシン軟膏を塗ってスムーズに入れる

ピアスが内側に引っかかって出血してしまうケースがあります。
そんなときは、穴に通すピアス針の部分とピアスホールの表裏に軟膏を塗りましょう。

すると、滑りがよくなるので引っかかりにくくなり出血を回避することができます。

【第2類医薬品】ドルマイシン軟膏 12g

【第2類医薬品】ドルマイシン軟膏 12g

375円(09/24 17:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

ホールの裏を指で支えて安定させる

ピアスホールに触れる前に必ず手をハンドソープで洗い、消毒をしてください。
ピアスホールに針を通すときに穴がブレないようにしっかり指で支えましょう。

鏡を準備し真っすぐに入れるように心掛けてください。

優しくピアスの顔部分をたたいてみる

ピアスが数ミリ入ったら慎重にいきましょう。

無理やり押し込むように入れると傷ついて出血します。

優しく慎重に入れていくのがコツです。

このとき、痛みを感じますが通るまで我慢しましょう。

必ずブレないように真っすぐ入れることを意識してください。

ファーストピアスからセカンドピアスに付け替える時の確認事項

確認

・時期

個人差はありますが、約3か月はつけたままで様子をみる治療期間です。
この治療期間が経っているか確認しましょう。

・ジュクジュクした汁が出ていないか

ジュクジュクした汁が出ているとピアスホールは完成していない証拠です。
この状態でセカンドピアスの選び方を間違えると金属アレルギーや炎症を起こす原因となります。

ジュクジュクしていたらもう少しファーストピアスをつけたまま様子を見ましょう。

・外から見てホールの傷が治っているか

ピアスホールの傷が痛々しくないか鏡で確認しましょう。

見た感じ完成しているようでしたらセカンドピアスに進んでも大丈夫です。

・くるくる回してみて違和感が無いか

傷つけないように優しく回してあげてください。

このとき、痛みや引っかかりがあればもう少し様子を見ましょう。

・痒み、痛みなどがないか

痒みや痛みがある場合は絶対に付け替えないで下さい。

また、症状がひどければ早急に病院で診てもらいましょう。

baner-grandi

 

付け替えるためにセカンドピアスも2か月はつけましょう

ファーストピアスで約3か月つけて様子を見ますが、セカンドピアスも約2か月は同じものをつけ続けましょう。

セカンドピアスも慣れたしいいだろう!と思っても開けたばかりのピアスホールはただの生傷です。

かなりデリケートなのでトラブルを起こさないためにもセカンドピアスでしっかり安定させてから、自分の好きなピアスをつけるようにしましょう

まとめ

ファーストピアスから付け替える時もいろんな気を使わないといけません。

セカンドピアスに付け替えてもファーストピアスと同じように外さない時期があります。

我慢の時期が長いですが、ここを乗り越えられれば楽しいピアスライフが待っているので頑張って向き合っていきましょう

記事に関連するキーワード